おっさんディレクターブログ

Web界隈のディレクターで3児の父

kindleでハイライトした箇所をコピペしてブログに書く方法

f:id:higuchill:20140127004311j:plain


kindleにはハイライト機能があるのですが、これをkindleのマイページでコピペできるのでかなり便利!

kindleで本が読めるようになる前は、本にボールペンで線を引いて、それをRmember the milkに入力して、書籍名でタグ付けして…という手順でブログに書いていたりしたのですごく面倒でした。これがKindleのおかげで格段に便利になったわけです。


ところが、どのページから自分のハイライトを確認できるのかが分かりにくくて、あまり知られてないような気がします。

そのページがこちら。

Amazon.co.jpへのサインイン

メニューは英語ですが、ドメインはkindle.amazon.co.jpになってますね。

そのうち日本語化されたらwww.amazon.co.jpの分かりやすいところからもリンクされるんじゃないでしょうか。(もうされてるのかな?)

上のページからログインすると、こんなように自分がハイライトした部分を書籍ごとに確認することができます。もちろんコピペOKなんで、ブログに感想を書くのに便利。メモ程度に読み返すだけなら、当然kindle端末やkindleアプリからも確認できます。

f:id:higuchill:20140127003445j:plain

企業が生き残って繁栄するうえで、模倣はイノベーションと同じくらい重要な意味を持っていて、イノベーションそのものを生み出すのに不可欠な要素であるというのが、本書の基本的な前提である。模倣は希少で複雑な戦略能力であり、細心の注意を払って培い、正しく使わなければいけないものなのである

コピーキャット―模倣者こそがイノベーションを起こす

こんな感じで上のページからコピペして引用すればOK。

ただ、同期がうまくいってないのかなんなのか、このページの"Your Books"に表示されずにハイライトが確認できない本があるので、何が原因なのかちょっと確認してみようと思います。
その表示されない本の感想を書きたかったんだけどなぁ…

ということで、ねじさんに紹介しもらったこの本、おすすめです。誰におすすめされたかで、本を読む意識も捉え方も、だいぶ変わる気がします。

毎朝1分で人生は変わる

毎朝1分で人生は変わる

 

 ちなみにkindleのハイライトだけを表示するこんなアプリもあるみたいです。

k-highlights

k-highlights

  • Replaid Pte. Ltd.
  • 仕事効率化
  • ¥200